KOMUGI

小麦について

一般に「小麦粉」と言っても、
その中身は、様々。

小麦の粒は、発芽のための養分が詰まった「胚乳」、種子の皮にあたる「外皮:ふすま」、やがて芽になる「胚芽」の3つの部分に分けられます。胚乳の割合が最も高く、小麦の粒の約83%。外皮は約15%、胚芽は約2%という割合になっています。

一般的な小麦粉は、小麦の粒のうち胚乳を使ったものです。炭水化物やタンパク質が多く含まれています。そしていま注目されているのが、小麦の胚芽の部分。小麦の粒に豊富な栄養がギュッと詰まっているため、健康志向の人々を中心に人気が高まってきています。

全粒粉とは、小麦の胚乳部分だけでなく、ふすまや胚芽をつけたままの状態で加工した小麦粉のこと。

小麦成分構造

全粒粉とは、小麦の胚乳部分だけでなく、
ふすまや胚芽をつけたままの状態で加工した小麦粉のこと。

小麦胚芽や全粒粉を食べるメリットは?

小麦胚芽が注目される理由は、なんといってもその栄養面にあります。小麦のなかでも、小麦胚芽はとくに栄養が豊富な部分。しかも約1万粒の小麦からスプーン1杯しかとれない貴重な部分です。

小麦胚芽にはタンパク質や脂質、食物繊維のほか、カリウムやリンといったミネラルなど、通常小麦粉へ加工する段階で減ってしまう栄養素が、小麦胚芽にはたっぷり含まれています。

さらに注目したいのが、ビタミンEの含有量の多さです。ビタミンEは、カラダのサビつきをおさえる抗酸化力を持つ栄養素で、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける働きが期待されます。

小麦が持つ栄養素をまるごと取り込むことができるため、一般的な小麦粉に比べて栄養価が高くなるのです。

メニュー